「よくあるテーブル」のレイアウトパターン

SmartHRに頻出する、表形式で一覧表示するUIのパターンです。

SmartHRでは、表形式で一覧表示するUIを「よくあるテーブル」と呼びます。
OOUIにおけるコレクションと、コレクションに関連するアクションやフォームをまとめた総称を指します。

構成

よくあるテーブルは、次の要素で構成されています。必須項目以外は任意の表示項目です。

  1. テーブル(必須)
  2. タイトルエリア
  3. テーブル操作エリア
  4. 一時操作エリア

スクリーンショット: よくあるテーブルの構成

1. テーブル

よくあるテーブルは、多くの場合「1項目1行の1次元リスト」のテーブルを含みます。

オブジェクト名

オブジェクトの名前を指します。行を識別するために必須要素として設定します。

遷移リンクのスタイル

オブジェクトの詳細ビューへ遷移する場合、オブジェクト名にリンクを設定します。 テキストリンクによる遷移は「オブジェクトの操作」にはあたらないため、アクションボタンは使いません。

スクリーンショット: 遷移リンクのスタイル

オブジェクトの情報

オブジェクトごとに表示する情報を指します。
テーブルにはオブジェクトの持つすべての情報を表示する必要はありません。 ユーザーが、それぞれのオブジェクトを識別・比較できる情報を抽出して表示します。

スクリーンショット: オブジェクトの情報の表現

オブジェクトの情報量および表示領域の幅

各機能のユースケースや仕様によって異なるため、オブジェクトの情報量(列数)および表示領域の幅には制限を設けません。

ただし、情報量が多いと表示領域を圧迫し、ユーザーの認知負荷を高めることになります。表示する情報量(列数)を十分に検討し、情報量に応じて表示領域の幅を適切に設定してください。

横スクロール

表示する情報が多く、どうしても省略できない場合には、コレクションエリア内を横スクロールすることを許容します。
ただし、横スクロールは情報の一覧性を下げるため、可能な限り横スクロールを必要としない設計を心がけてください。

情報の省略

情報を指定幅以上に表示したい、またはセル内で情報を複数行で表示させたくない場合、セル上の情報に三点リーダーを付けて省略します。 省略した情報は、マウスオーバーした際にTooltipを表示し、すべての情報を示してください。

スクリーンショット: 情報の省略表現

オブジェクトの操作

オブジェクトに対して「編集」「削除」などの操作をする場合、アクションボタンを設定します。
ユーザーの視線導線に合わせ、基本的にオブジェクト名より右側に設置します。

単一のオブジェクト操作

単一のオブジェクトに操作をしたい場合、アクションボタンをオブジェクト(行)それぞれに設置します。

アクションボタンは1つのオブジェクトに対して、最大3つを上限とします。それ以上設置する必要がある場合は、ドロップダウンリストにアクションを格納することを検討しましょう。

スクリーンショット: 単一のオブジェクト操作

複数のオブジェクト操作

複数のオブジェクトに対して、一括で同時に操作する場合は、「ワクワクチェック(WIP)」パターンを用います。

  • オブジェクトそれぞれにチェックボックスを設置して複数選択を可能にします。
  • 複数選択したオブジェクトに対する「まとめて操作するアクションボタン」を格納するエリアを、テーブルヘッダー(th)の下部に設置します。
    • SmartHR UIではこのエリアをTableBulkActionAreaと呼んでいます。

スクリーンショット: 複数のオブジェクト操作

2. タイトルエリア

よくあるテーブルの見出しと説明テキストを含むエリアです。

スクリーンショット: タイトルエリア

画面タイトルよくあるテーブルの見出しを兼ねる場合は、タイトルエリアを省略できます。

A. 見出し

よくあるテーブルの見出しです。

  • Headingを使用し、適切な見出しレベルを設定してください。
  • 多くの場合、{オブジェクト名}一覧という表記を採用しています。

B. 説明テキスト

よくあるテーブルの説明を表示できます。
説明テキストを省略する場合は、見出しをテーブル操作エリアと並べて表示します。

スクリーンショット: 説明テキストを省略したタイトルエリア

3. テーブル操作エリア

テーブルにオブジェクト(行)を追加したり、オブジェクト全体を一括で変更するなどの、データの追加・一括変更などに関わるアクションボタンをまとめたエリアです。

このエリアは、テーブルを含むBase外の右上(見出しの右側)に配置します。

  • アクションボタンとして、Buttonや、類似する操作をまとめたドロップダウンリストを配置できます。
  • ユーザーが操作に迷わないように、アクションボタンは最大3つを上限とします

スクリーンショット: テーブル操作エリア

アクションボタンの例

ここに配置される典型的なアクションボタンの例は以下のとおりです。
以下に限らず、扱う機能やユースケースによって、データの追加・一括変更などに関わるアクションボタンを配置できます。

操作名ボタンのラベル例役割・動作
オブジェクトの追加項目を追加オブジェクトを追加するためのボタンです。「{オブジェクト名}を追加」と表記します。
クリックすると、多くの場合、オブジェクトの追加ダイアログを表示します。
オブジェクトの並べ替え並べ替えオブジェクト(行)の並べ替えをするためのボタンです。
クリックすると、よくあるテーブル並べ替え状態に切り替わります。
オブジェクトの一括操作一括追加(CSV), 一括更新(CSV)CSVファイル等によるオブジェクトの追加・更新を一括で行なう操作をするためのボタンです。
クリックすると、CSVファイルを登録する一括操作ダイアログを表示するほか、複数の一括操作を複数の操作をまとめるボタン「同一の操作」パターンでまとめた一括操作ボタンとすることもあります。

4. 一時操作エリア

テーブルの検索やフィルタリングなど、テーブルのデータには影響しない一時的な操作をするためのアクションボタンやフォームをまとめたエリアです。

このエリアは、テーブルを含むBase内の上部、およびBase外の下部に配置します。

スクリーンショット: 一時操作エリア

Base内の上部に配置する操作の例

このエリアに配置される典型的な操作の例は以下のとおりです。
以下に限らず、扱う機能やユースケースによって、一時的な操作に関するアクションボタンやフォームを配置できます。

操作名ボタンのラベル例役割・動作
オブジェクトの検索検索入力ボックス(Input)と検索ボタンがセットになった検索フォームです。
オブジェクトの絞り込み絞り込みFilterDropdownを配置します。
クリックすると、テーブルのオブジェクトを絞り込むオプションをドロップダウンで表示します。
オブジェクト(一覧)のダウンロードダウンロード, 全件ダウンロードSecondaryButtonのアイコン付き(左)を配置します。(「ダウンロード」アイコン(fa-cloud-download-alt)を使用)
オブジェクトの絞り込み状態に依存せず、オブジェクトの全件が常にダウンロードされる場合は、ラベルを全件ダウンロードとします。
テーブルのページ数、ページ番号9,999 件中 1-5 件多くの場合、「{総件数} 件中 {表示している順番の範囲} 件」のように、現在表示しているテーブル内容の現在位置を示します。
1ページあたり20件〜50件とすることが多いですが、ユースケースや表示速度を考慮して適切な件数を設定します。
コンテンツの横幅に応じて、表示する内容の量を検討してください。
テーブルのページ送り-テーブルのオブジェクトの量(行数)が多くなる場合に、複数のページに分けてPagenationwithoutNumbers = true)を配置します。
コンテンツの横幅が狭い場合は省略することがあります。(省略した例

Base外の下部に配置する操作の例

操作名ボタンのラベル例役割・動作
テーブルのページ送り-テーブルのオブジェクトの量(行数)が多くなる場合に、複数のページに分けてPagenationを配置します。
コンテンツの横幅に応じて、表示する内容の量を検討してください。

レイアウト

基本的に余白のレイアウトパターンに従って配置します。
要素間の余白は以下のとおりです。(コンポーネント内の余白は省略)

スクリーンショット: 「よくあるテーブル」の要素間の余白

種類

テーブルに表示するオブジェクトの数(行数)に応じて、よくあるテーブルのバリエーションを定義します。
それぞれで各要素(テーブル、タイトル、テーブル操作エリア、一時操作エリア)の表示パターンが異なります。

初期表示

オブジェクトの登録数が0件である初期状態の表示パターンは以下のとおりです。

  1. テーブル
    • テーブルヘッダー(th)は表示したままとします。
    • オブジェクトのエリアには、{オブジェクト名}はまだ登録されていません。というメッセージと、オブジェクト追加を促すボタンを上下左右中央に表示します。
  2. タイトル
    • 表示の制約はありません。
  3. テーブル操作エリア
    • オブジェクトがないと成立しないアクションボタン(並べ替え, 一括更新(CSV))は非表示とします。
  4. 一時操作エリア
    • 操作対象のオブジェクトが存在しないため、一時操作エリアは非表示とします。
    • テーブルのページ送りも非表示とします。

スクリーンショット: 「よくあるテーブル」の初期表示の例

検索結果なし

オブジェクトの検索結果や絞り込み結果が0件であった場合の表示パターンです。 検索結果のオブジェクト数は0件ですが、オブジェクト自体はテーブルに存在しています。

  1. テーブル
    • テーブルヘッダー(th)は表示したままとします。
    • オブジェクトのエリアには、お探しの条件に該当する{オブジェクト名}はありません。<br />別の条件をお試しください。というメッセージを上下左右中央に表示します。
  2. タイトル
    • 表示の制約はありません。
  3. テーブル操作エリア
    • 表示の制約はありません。
  4. 一時操作エリア
    • 一時操作エリアは表示したままとします。
    • テーブルのページ送りは非表示とします。

スクリーンショット: 検索結果がない「よくあるテーブル」の例

1ページ未満

オブジェクトの登録数が1ページに収まる(Pagenationがない)場合の表示パターンは以下のとおりです。

  1. テーブル
    • 表示の制約はありません。
  2. タイトル
    • 表示の制約はありません。
  3. テーブル操作エリア
    • 表示の制約はありません。
  4. 一時操作エリア
    • テーブルのページ送りは非表示とします。

スクリーンショット: 1ページ未満の「よくあるテーブル」の例

状態

並べ替え(ドラッグアンドドロップ)

WIP

関連リンク

© 2021, SmartHR, Inc.