Heading

Headingコンポーネントは、直後に続くコンテンツの見出しに使います。

SmartHR UIではHeadingです。

使いどころ

コンテンツのアウトラインに沿って、順に使用することを想定しています。
例えば、ブロックタイトルの前にサブ・ブロックタイトルを使わないようにしましょう。

種類

見出しレベルに合わせた5種類を定義しています。 SmartHR UIでは、タイプ(typeprops)で種類を指定できます。

<Stack>
<Heading type="screenTitle" tag="span">画面タイトル(type: screenTitle, fontSize: XL)</Heading>
<Heading type="sectionTitle" tag="span">セクションタイトル(type: sectionTitle, fontSize: L)</Heading>
<Heading type="blockTitle" tag="span">ブロックタイトル(type: blockTitle, fontSize: M)</Heading>
<Heading type="subBlockTitle" tag="span">サブ・ブロックタイトル(type: subBlockTitle, fontSize: M)</Heading>
<Heading type="subSubBlockTitle" tag="span">サブ・サブ・ブロックタイトル(type: subSubBlockTitle, fontSize: S)</Heading>
</Stack>

画面タイトル

画面のタイトルとして、画面ごとに1度しか使えません。

タイプフォントサイズウェイトサンプル
screenTitleXLnormalTEXT_BLACKwell-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会をつくる。

セクションタイトル

タイプフォントサイズウェイトサンプル
sectionTitleLnormalTEXT_BLACKwell-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会をつくる。

ブロックタイトル

タイプフォントサイズウェイトサンプル
blockTitleMboldTEXT_BLACKwell-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会をつくる。

サブ・ブロックタイトル

タイプフォントサイズウェイトサンプル
subBlockTitleMboldTEXT_GREYwell-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会をつくる。

サブ・サブ・ブロックタイトル

タイプフォントサイズウェイトサンプル
subSubBlockTitleSboldTEXT_GREYwell-working 労働にまつわる社会課題をなくし、誰もがその人らしく働ける社会をつくる。

レイアウト

アウトラインに合わせた使用例は以下のとおりです。
余白については、余白の取り方を参照してください。

アウトラインに合わせた使用例

ライティング

見出しの書き方

画面上のオブジェクトや操作を、簡潔に体言止めで書きます。複数行になる長いタイトルは見直しましょう。

  • オブジェクトの一覧(コレクション)画面のタイトルでは、「[オブジェクト名]一覧」「[オブジェクト名]の一覧」のような冗長な表記をなるべく避け、「オブジェクト名」とのみ書くようにします。
  • よくあるテーブルの見出しに「一覧」はつけない

アクションを伴う画面(新規作成画面、編集画面)のタイトルや、ActionDialogのタイトルでは、アクションに関わる動詞(動名詞)は、基本的に「の」で接続して表記します。

  • 「権限の追加」
  • 「申請の取り消し」

見出しが動詞で終わる場合でも、句点は省略します。

Props

NameRequiredTypeDescription
childrentruestring, number, false, true, ReactElement<any, string | JSXElementConstructor<any>>, ReactFragment, ReactPortal表示するテキスト
type-"screenTitle", "sectionTitle", "blockTitle", "subBlockTitle", "subSubBlockTitle"テキストのスタイル
tag-"h1", "h2", "h3", "h4", "h5", "h6", "legend", "span"コンポーネントの HTML タグ
className-stringコンポーネントに適用するクラス名