権限による表示制御

権限によるオブジェクトの表示・非表示・disabledルールを定義します。

基本的な考え方

アカウントに付与された操作権限に伴う、UIの基本的な考え方は以下のとおりです。

  1. 権限がない場合、操作に関わるUI(アクションボタンやオブジェクトそのもの等)は非表示とする。
  2. 権限はあるが、常に操作できないオブジェクトが対象である場合は非表示とし、その理由を明示する。
  3. 権限はあるが、使用中など、オブジェクトの操作ができない場合はdisabledとし、その理由を明示する。

種類

基本的な考え方を元に、4つの表示パターンを定義します。

表示パターン説明権限一覧での例
A操作に関わるUIは非表示とし、理由も明示しない。(管理者権限以外は権限設定を操作できないため、この条件には当てはまらない)
B操作に関わるUIは非表示とし、その理由を明示する。
表示方法は個別に検討する。(オブジェクト横に「情報通知」アイコン(fa-info-circle)を出すなど)
システム標準の権限は削除できないため、非表示にする。
理由は、権限名の横の 情報通知 アイコンで伝える。
C操作に関わるUIはdisabledとし、その理由を明示する。(disabledボタンにTooltipで伝えるなど)アカウントに紐づいているカスタム権限は削除できないため、disabledにする。
理由は、disabledボタンのTooltipで伝える。
D操作に関わるUIを表示する。上記に当てはまらない場合に編集・複製・削除ボタンを表示する。

表示パターンの判定フロー

表示パターンの判定フロー

ライティングパターン

理由の書き方

「回避可能な場合は、行き止まりだと認識させず、回避方法と知ってもらえる書き方」を基本とします。

操作に関わるUIの状態トーンの例
ユーザーの対応によって権限や設定を変更できる場合
メッセージが表示されたユーザーよりも強い権限を持ったユーザーであれば、権限や設定を変更できる場合
「〜がないので、〜できません。」
「〜のため、〜できません。」
ユーザーが何をしても変更できない場合「〜できません。」

関連リンク

© 2021, SmartHR, Inc.