作成ガイドライン

イラストレーションを使用することで、多くの情報を親しみやすくわかりやすく伝えることができます

デザインデータ

Googleドライブでマスターデータを管理しています。

必ずコピーを編集して、完了したらマスターデータを更新するようにしてください。

タイプ・画像サイズ

イラストレーションは基本的に3タイプに分かれています。

1. 人物

人物は全身、半身、アイコンの3種類があります。

人物にはすべてペルソナを設定しており、ペルソナに沿って作成してください。

喜怒哀楽の表現方法はTwemojiを参考にしてください。

2. アイテム

建物、書類、小物といった、人物以外のイラストレーションです。

3.ヒーロー

人物やアイテムを組み合わせたイラストレーションです。

画像サイズ

タイプ画像サイズサンプル
人物(アイコン)500px × 500px illust icon
人物(半身)500px × 500px illust upper
人物(全身)1000px × 400px illust body
アイテム500px × 500px---
ヒーロー500px × 500px---

全体のトーンは、基本要素の色に基づいて制作してください。

基本要素の色 | Extended Colors に記載している通り、これらの色の使用を推奨しますが、利用シーンに合う色がない場合は、Extended Colorsのトーンを参考に、色を調整して使用することができます。「この色しか使用してはいけない」というものではなく、あくまでトーンの参考として使用してください。

影の表現については、Gamut Maskメソッドから定義した紫をベースとしています。

アイレベル

基本的にはアイレベルは低めで、奥行きの表現としてアオリ(少し見上げたような状態)を意識して調整してください。別々のイラストレーションでも、アイレベルを揃えて制作することで、複数組み合わせても自然な仕上がりになるようにするためです。

推奨:アオリ非推奨:フカン
illust ok look up illust ng look down
© 2021, SmartHR, Inc.