作成ガイドライン

アイコンを作成する際のガイドラインです。

デザインデータ

マスターデータの注意点

  • マスターデータは完成したアイコンを管理するものです。新規アイコンを作成する際は、複製してから作業をしてください。
  • マスターデータの更新はすべて @omame が担当しますので、アイコン作成後にお声かけください。

概要

  • アイコンは、基本的にFont Awsome(Freeプラン)から選定します。適したアイコンがない場合は、トンマナを合わせてオリジナルで作成します。これは、アイコンのデザイントンマナをプロダクトで数多く利用しているFont Awsomeに合わせて統一することで、サービス全体で一環した印象を保つためです。
  • 既存アイコンがFont Awesomeか、オリジナルかはアイコン | Figmaに記載しています。
  • アイコンはoutlineとsolidの2種類を用意します。

1.Font Awesomeを利用する方法

  • outline・solidどちらも、Font Awosome のFreeプランから選定して、利用してください。
  • solidがFreeプランに含まれていても、outline(Font Awesome内での表記はRegular)は別プランの場合があります。その場合は以下のルールで作成してください。
事例作成方法
outline(Regular)がsolidを反転した形状outline、solidどちらもオリジナルで作成
outline(Regular)がsolidの反転とは違う形状solidはFontAwesomeを利用。outlineはsolidを反転する形でオリジナルで作成

※FontAwesome ver 6.0.0 時点

2.オリジナルで作成する方法

オリジナルで作成する場合は、Font Awesomeアイコンのトーンに合わせ、並んだときに違和感のないよう作成してください。
outlineはFont AwesomeのRegular、solidはFont AwesomeのSolidに見た目を合わせます。

アートボードサイズ

128×128pxで作成してください。 アートボードの横幅と縦幅に128pxと記載されている

レイアウト

アイコンの周りには上下左右に各8pxの余白を確保してください アートボードの外枠から上下左右の余白に8px、アイコンを作成するエリアの横幅と縦幅に112pxと記載されている

基本形状

マスターデータ内に、Font Awesomeのアイコンと並んだときに違和感のないようなKeylineを配置しています。
できるだけKeylineに合わせることで、サイズ感や形状など見た目を統一できます。 Keyline、Keylineに図形を合わせた場合の図 (Square、Vertical、Horizontal、Circle)

基本を半径10pxとして作成してください。 10pxの線で構成されアイコン、8pxと10pの線で構成されたアイコン

角丸

基本を8pxとして作成してください。 8pxの角丸、8pxと4pxの角丸で構成されたアイコン

その他

SolidとOutlineのサイズ感を揃える方法

  • 先にoutlineのアイコンを作成します。
  • solidを作成する際はoutlineの線を残したまま塗りをつけるとサイズ感が変わらずに作成できます。 線色がONになっているアイコン、線色と塗りがONになっているアイコン

線のみで構成されているアイコン

outlineアイコンを先に作成し、Font AwesomeのOutlineをベースに線の太さを調整してsolidアイコンを作成してください。
Font AwesomeのRegularSolidの関係を参考にして作成してください。

空白のサイズ

solid作成時、隣接した色ベタの間に空白を入れる場合は6px空けてください。 solidのアイコン、solidのアイコンの余白部分がハイライトされている

ガイドラインに当てはめられない場合

ガイドラインに沿って作成するのが難しい場合は、ガイドラインを逸脱し作成しても構いません。 認識しやすい形状であり、なおかつ他のアイコンと見た目が統一されていることを優先し作成してください。

フィードバック先

アイコンの作成方法に関する相談・フィードバック

  • 社内Slack: #design_system_相談