SmartHR Design System

ウェブアクセシビリティ方針

SmartHRのウェブアクセシビリティ方針です。社会の非合理を作り出さず、一人でも多くの人が価値ある仕事に取り組めるようなプロダクトを目標にしています。

社会の非合理をつくりださない

SmartHRは「社会の非合理を、ハックする。」というミッションを掲げ、働くすべての人を後押しするプラットフォームをつくっています。

そのため働く人の権利や仕事の楽しさについて考え、一人でも多くの人が価値ある仕事に取り組めるようなプロダクトを目標にアクセシビリティの向上に取り組んでいます。

具体的には「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目指しています。

対象範囲

例外を除くすべてのSmartHR UIコンポーネント。(具体的な対象コンポーネントは以下から確認できます。)

「SmartHR UI - ウェブアクセシビリティ」の [シート:試験] | Googleドライブ

SmartHRはSmartHR UIを利用して構築されているため、一つ一つのコンポーネントの対応を進めることがプロダクト全体のアクセシビリティ向上に繋がります。

例外

開発中のコンポーネント

目標とする適合レベルおよび対応度

JIS X 8341-3:2016のレベルAに準拠

本方針における「準拠」とはウェブアクセシビリティ基盤委員会による「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン」で定められた表記を指します。

追加する達成基準

問い合わせ先

https://github.com/kufu/smarthr-ui/issues

目標を達成する期限

2021年6月末

© 2021, SmartHR, Inc.