コンテンツ運用

言葉の選び方

SmartHR Design Systemの目次と、プロダクト全体で使う言葉の選び方は、コミュニケーションを円滑にするために以下のルールとします。

  • 日本語で表わせ、日常的に日本語でコミュニケーションするものは日本語
  • 明らかに英語を使ったほうがよいものは英語
  • 上記以外の日常的に英語でコミュニケーションするものはカタカナ(たとえばプライマリーカラー)
  • 用字・用語の選択、ひらく漢字などについては、文言ガイドラインを基準としてください。

また、プロダクトコードネームなど、社内に限って利用している表現は使わないでください。

表記ルール

WIPの付け方

  • ページタイトルへの[WIP]は、ページの新規作成後、タスク完了時まで付与します。
    • 公開後はページタイトルの[WIP]は必ず削除します。
  • ページ内のコンテンツでWIPの状態があれば、見出しや文頭に付与します。
    • 例えば、一行目に「※これはWIPです。」と記載するなど

約物(記号)のルール

括弧のルール

  • 括弧は全角で統一します。([WIP]の括弧も全角です)
  • 引用符“”や二重かぎ括弧『』は使用しないでください。
括弧用途
丸括弧()補足説明を記載する場合など奥行きの表現としてアオリ(少し見上げたような状態)を意識して調整しています。
鉤括弧「」
  • 強調
  • 操作ボタン名や設定値(ユーザーが入力する値や文字列)、選択肢などのユーザーのアクションの意思を表す画面上の項目を示す場合
  • アクションに関わる動詞は、基本的に「の」で接続して表記します。(強調)
  • 「送信」を押してください。(ボタン名)
  • 「001」と入力してください。(ユーザーが入力する値)
角括弧[]画面名や設定項目名などの画面上のある位置を示す場合[申請]画面の[申請一覧]を確認します。
隅付き括弧【】ユーザーが設定したユニークな設定値を示す場合【設定されたカスタム項目名】を削除します。(【】内はユーザーが設定した文字列)

その他の記号のルール

  • コロンは全角で統一します。

和欧混植の文章で英単語の前後に半角スペースは挿入しない

「和欧混植の文章で、欧文の前後に半角アキを挿入する」というルールを変更し、半角アキは詰めることにしました。(2021年2月16日変更)

  • PDFファイルや、CSV挿入用テンプレート変数をはじめ、SmartHRには英単語が形容詞になっている名詞句がオブジェクト名になることが少なからずあり、その場合、半角アキを挿入することでオブジェクト名が認知しづらくなるのを避けたいという考えから、ルールを変更しました。
© 2021, SmartHR, Inc.